ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Miles Davis Quintet – Workin’ 絶妙なタッチのミュートと初期コルトレーン

 まずこのジャケット。このあえてなのか適当なのかの絶妙な感じ。とてつもなく印象が強い。かの有名なプレスティッジでのマラソン・セッションの4部作の1つ。1956年5月11日と10月26日に録音し、全てワンテイクでOKになったと言われている不屈の名作の1枚です。
 

Workin' With the Miles Davis Quintet
 
 ガーランドの美しいフレーズから、マイルスのなんとも言えないタッチのミュートが乗る。一発録りゆえの絶妙なズレや不調和がリアルさを生んでいます。

メンバーはその後ジャズシーンを引率していくアーティストになっていくのですが、その中でもジョン・コルトレーンの成長は目覚しく、ここではその初期コルトレーンとも言えるプレイが聴けます。7曲目の「Half Nelson」だけが10月26日の録音で、5月11日からの僅か半年間の成長っぷりが解るのも面白いですね。マイルスのリーダーとしての手腕と眼力も流石なのでしょう。

The Miles Davis Quintet – Workin’ With the Miles Davis Quintet
マイルス・デイビス・クインテット – ワーキン

 Blue Note 

  1. It Never Entered My Mind
  2. Four
  3. In Your Own Sweet Way
  4. The Theme (Take #1)
  5. Trane’s Blues
  6. Ahmad’s Blues
  7. Half Nelson
  8. The Theme (Take #2)

Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Paul Chambers (b) #3
Red Garland (p)
“Philly” Joe Jones (ds)

Supervised by Bob Weinstock
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1956.5.11 (1-6,8) / 1956.10.26 (7)

Workin' With the Miles Davis Quintet

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次