ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Chick Corea – Return to Forever ジャズ・フュージョンへの流れと暗黒時代

 1972年録音。カモメが羽ばたいているジャケットなので、通称『カモメ』と呼ばれています。ジャンルを超えて70年代音楽史に残る名盤ですね。
名義はチック・コリアですが、実質はチック・コリアとベースのスタンリー・クラークを中心に、ドラムのアイアート・モレイラとヴォーカルのフローラ・プリム、サックス・フルートのジョー・ファレルを加えたバンドです。
 
Chick Corea - Return to Forever
 

 静かで幻想的なフェンダーローズの立ち上がりから、ラテンを基調にした複雑なリズムが絡みあい、フローラの透明感溢れるボーカルが絶妙なタイミングて浮遊する。
60年代のフリージャズの流れから、フュージョンへと新しい時代の幕開けを感じさせる内容です。
特にお気に入りは4曲目。20分を超える組曲で後半の抑揚感、楽器、歌のそれぞれの展開が一つに繋がって行く。素晴らしい構成です。
 
 このアルバムの登場により、かつてのスイング、ビーバップ、ハードバップ、その後のフリージャズなどの表舞台のジャズが衰退し、70年代はジャズの暗黒時代に移ったとも言われております。
もちろんそんな時代にもストイックなジャズ・プレイヤーが数多くいるのですが、それを追っていくとまた面白いのです。

Chick Corea – Return to Forever 
チック・コリア – リターン・トゥ・フォー・エヴァー

 ECM Records 

  1. Return To Forever
  2. Crystal Silence
  3. What Game Shall We Play Today
  4. Sometime Ago – La Fiesta

Chick Coreatp (p)
Joe Farrell (ss,fl)
Stan Clarke (elb,b)
Airto Moreira (ds,perc)
Flora Purim (vo,perc)

Produced by Manfred Eicher
Recorded by Rudy Tony May

Recorded 1972.2.2 & 3

Chick Corea - Return to Forever

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次