HPリニューアル記念! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Tommy Flanagan – Overseas 三位一体とはこのことだ。

 1957年にJ.J.ジョンソンのコンボでのスウェーデンツアー時にストックホルムで録音された、名脇役と名高いトミー・フラナガンの初リーダートリオ作品。記念すべきスイングジャーナル誌のゴールドディスク第1回目に選ばれた作品でもあります。
 

Tommy Flanagan - Overseas
 

 トミー・フラナガンはデトロイト出身。両親がミュージシャンという一家で生まれ、はじめはクラリネットを演奏していたようですが、兄の影響でピアノを演奏し始めます。そして1947年にラッキー・トンプソンのグループに加わり、ペッパー・アダムスやミルト・ジャクソン、ケニー・バレルらと共演します。その後数年の兵役を経て、戻ってからはビリー・ミッチェルのコンボに加わり、サドとエルヴィンのジョーンズ兄弟と知り合うのでした。そして次々とみんながニューヨークへ進出し活動していく中、1956年にケニーバレルと共にいよいよニューヨークへ出る事になります。
 

 その後は素晴らしいミュージシャン達との共演を重ねていきます。ソニー・ロリンズのサキソフォン・コロッサス、マイルス・デイビス・オールスターズやコルトレーンのジャイアント・ステップス等の歴史的セッションに参加。エラ・フィッツジェラルドの伴奏やJ.J.ジョンソンのコンポに加わり徐々に実力を知られていくのでした。
 

 そんな中録音されたこの作品はまさにトミー・フラナガンの絶好調な時。派手にも優しくもアルバム全体通してとても充実感のある演奏。ウィルバー・リトルのグイグイくるベースとエルヴィン・ジョーンズの演奏がまたいい具合にハードでスピーディで靭やか。フラガナンのピアノを盛りたて、且つそのスリルが素晴らしい一体感とバランスを生んでいます。この二人でなかったら普通に心地いいだけのピアノ・トリオ作品だったかもしれませんね。
 

Tommy Flanagan – Overseas
トミー・フラナガン – オーヴァーシーズ

 Prestige 

  1. Relaxin’ At Camarillo
  2. Chelsea Bridge
  3. Eclypso
  4. Beat’s Up
  5. Skal Brothers
  6. Little Rock
  7. Verdandi
  8. Delarna
  9. Willow Weep For Me

Tommy Flanagan (p)
Wilbur Little (b)
Elvin Jones (ds)

Recorded by Gosta Wiholm

Recorded 1957.8.15

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次