ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Ray Bryant Trio – Piano Piano Piano 真夏の涼しい雨の日に。至極のピアノ・トリオ。

 真夏なのに涼しい雨の日が続きますね。そんな日はこれ、灰色空によく似合うレイ・ブライアント初のトリオでの作品。しっとりと、流れていくように優しいタッチがとても心地よい作品です。
 

Ray Bryant Trio – Piano Piano Piano
 

 録音は1957年。ベースはアイザック・アイザックス、ドラムスはスペックス・ライト。カーメン・マクレーのバックで演奏していた時期ですので、息はピッタリ。リズム隊の二人はあくまでブライアントのピアノを引き立てる事に徹していて、とてもバランスも良いですね。
 

 再生と同時に”Golden Earrings”のオープニングで部屋の空気が一変します。ビクター・ヤングが書いた映画の主題曲ですが、見事にジャズ化し、レイ・ブライアントの人気を決定付ける曲になりました。続いて2曲目3曲目と、、余計な説明は不要ですね。最後の曲までの並びもとても良いです。7曲目にクリフォード・ブラウンのオリジナルがあったりと、ブライアントが弾くとこうなります、みたいなファンには嬉しい選曲もありです。

Ray Bryant Trio – Piano Piano Piano
レイ・ブライアント・トリオ – ピアノ ピアノ ピアノ

 Prestige 

  1. Golden Earrings
  2. Angel Eyes
  3. Blues Changes
  4. Splittin`
  5. Django
  6. The Thrill Is Gone
  7. Dahoud
  8. Sonar

Ray Bryant (p)
Ike Isaacs (b)
Specs Wright (ds)

Supervised by Bob Weinstock
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1957.4.5

Ray Bryant Trio – Piano Piano Piano

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次