ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Kenny Drew ‎- Undercurrent 50年代はブルーノートで始まり、ブルーノートで締めくくり。

 1曲目からスリリングに疾走するサム・ジョーンズのベースとケニーのピアノ!そして少し前に名盤「ロール・コール」を録音したばかりのハンク・モブレーと若き相棒フレディ・ハバードのフロントのバッパー2人の抜群のコンビネーション。ルイス・ヘイズのハットやリムスティックの絶妙の間とタイミング。それぞれのソロもこれ以上は無いくらいの演奏とグルーブ。1960年録音、ブルーノート4000番台のハード・バップ期最高峰の1枚ではないでしょうか。
 

Kenny Drew ‎– Undercurrent
 

 ケニーは1928年ニューヨークに生まれます。5歳の時よりピアノを始め、十代に入るとジャズに興味を持ち、カウント・ベイシーやビリー・エクスタインなど数々のビッグネームの演奏を体験し、学生の時にはファッツ・ウォーラーやパド・パウエルの影響を受ける事になります。そして1949年21歳の時に、ハワード・マギーのブルーノート第一弾のオールスター作品に参加。
その後、チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーなど一線のプレーヤーと共演を重ね、1953年に初リーダー作「Introducing The Kenny Drew Trio」をリリース、そして全曲ケニーのオリジナルのこちらの作品、渡欧する前に最後のリーダー作になりました。
後のリーダー作は13年後になりますので、まさにハード・バップ全盛の50年代は、ブルーノートで始まり、ブルーノートで締めくくったとも言えるかもしれません。
 

 1961年にパリに渡り、1964年にはデンマークのコペンハーゲンに拠点を移します。1973年にベースのニールス・ペデルセンとの当時ありそうでなかったデュオ作品「DUO」をリリースします。より繊細で美しい方向に、これもまた鳥肌が立つくらい素晴らしいのですが、それはまた別の機会に。

Kenny Drew ‎– Undercurrent
ケニー・ドリュー – アンダーカレント

 Blue Note 

  1. Undercurrent
  2. Funk-Cosity
  3. Lion’s Den
  4. The Pot’s On
  5. Groovin’ The Blues
  6. Ballade

Freddie Hubbard (tp)
Hank Mobley (ts)
Kenny Drew (p)
Sam Jones (b)
Louis Hayes (d)

Produced by Alfred Lion
Recorded by – Rudy Van Gelder

Recorded December 11, 1960.12.11

Kenny Drew ‎– Undercurrent

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次