ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Jimmy Smith – House Party 豪華メンバーとジャズ界8番目の不思議。

 「ジャズ界8番目の不思議」とマイルス・デイビスに評された、ジャズ・オルガンの創始者、ジミー・スミスの1957年の2月と8月にマンハッタン・タワーズで収録されたアルバムです。1956年にスモール・パラダイスというクラブでアルフレッド・ライオンは彼を目撃、多彩な才能を見抜き、この豪華メンバーとのセッションを企画するのでした。
 
Jimmy Smith - House Party

 
 とにかくメンバーが豪華。ケニー・バレル、アート・ブレイキー、リー・モーガン、ルー・ドナルドソン、ティナ・ブルックス、カーティス・フラーというオールスター。主役級が勢揃いです。
メンバーが豪華すぎるのでどうしても他メンバーの音を追ってしまいますが、特筆すべきはやっぱりオルガンの音でしょう。独特のタッチの音とオルガン特有の生々しいレスリーの揺れ、もう少し全面に出てほしいと感じてしまいますが、ジミー・スミスのツボを抑えたバッキングがまた良いのです。
 

 ジミー・スミスは1925年ペンシルベニア州生まれ。ピアニストからハモンドオルガン奏者に転身し、1950年代から60年代にかけては、基本的にギターとドラムのトリオで活動をしておりました。その為ベースパートは左手で、ソロは右手、そして左足でベースを加えながら、右足でヴォリュームをコントロールするという神業をあみだす事になるのです。凄いのは演奏がいっぱいいっぱいにはなっていないところ、余裕ですね。カッコイイです。
もしかしたら銘器B-3やレスリーは彼がいなかったら今は無かったかも知れません。なんて言い過ぎかもしれませんが、影響を受けたオルガン奏者は数知れずでしょう。

Jimmy Smith – House Party
ジミー・スミス – ハウス・パーティ

 Blue Note 

  1. Au Private
  2. Lover Man
  3. Just Friends
  4. Blues After All

Jimmy Smith (org)
Lee Morgan (tp) 1,3,4
Curtis Fuller (tb) 3,4
Lou Donaldson (as) 1,2
George Coleman (as) 3,4
Tina Brooks (ts) 1
Kenny Burrell (g) 1,4
Eddie McFadden (g) 2,3
Art Blakey (ds) 1
Donald Bailey (ds) 2-4

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1957.8.25 (3.4) & 1958.2.25 (1.2)

Jimmy Smith - House Party

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次