ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Ike Quebec – It Might As Well Be Spring ブルーノート影の立役者、生涯最高の作品。

 ブルノート・レーベルの影の立役者、アイク・ケベックの生涯最高の作品とも言われるアルバムです。低くゆったりと響くテナーは、一聴してその音に包み込まれます。
 

Ike Quebec‎– It Might As Well Be Spring
 

演奏はとてもメロディックで親しみやすく、派手にアドリブで走ったりオーバーブロウになることはなく少し控えめで、とても品格があります。単に聞きやすいムードジャズという訳ではなく、聴き手に対する思いやりがあるような演奏です。フレディ・ローチのオルガンのシングルトーンも美しいです。
 

 ケベックはテナー・サックス奏者でありながら、スカウター、ディレクター、そして運転手!?という様々な顔を持ち、アルフレッド・ライオンやルディ・ヴァン・ゲルダーからの信頼もとても厚かったようです。いつもそのRVGスタジオでレコーディングが行われる時には、マンハッタンからミュージシャンをニュージャージーまで送り届けていたらしいです。そしてセロニアス・モンクやパド・パウエルをライオンに紹介したのは彼だとか。さらにサックスを手にしたのは1942年だそうですが、それまではピアノやダンサーとして活動していたというから驚きです。多彩な才能を持っていたのですね。

Ike Quebec – It Might As Well Be Spring
アイク・ケベック – 春の如く

 Blue Note 

  1. It Might As Well Be Spring
  2. A Light Reprieve
  3. Easy, Don’t Hurt
  4. Lover Man
  5. Ol’ Man River
  6. Willow Weep For Me

Ike Quebec (ts)
Freddie Roach (org)
Milt Hinton (b)
Al Harewood (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1961.12.9

Ike Quebec‎– It Might As Well Be Spring

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次