ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Sonny Clark – Dial S for Sonny 26歳の誕生日に録音された初リーダー作。ダイヤルMを廻せ。

 クラーク初めてのリーダー作。1957年、彼の26歳の誕生日に録音された作品です。タイトルはヒッチコックの映画「ダイヤルMを廻せ」を捩ったもの。フロントはアート・ファーマー、ハンク・モブレー、カーティス・フラーと相性抜群のブルーノート・オールスターズとも言える3人。
 

Sonny Clark ‎– Dial S for Sonny

 
 ソニー・クラークは50年代始めに白人のクラリネット奏者バディ・デフランコのサイドマンとして西海岸で活動を始めました。しかし白人中心のウエスト・コーストのジャズよりハードバップへの流れのある東海岸に魅力を感じ、ダイナ・ワシントンの伴奏として、ニューヨークに大陸横断するのでした。そしてまずはハンク・モブレーの”1568″に起用され、そのピアノにアルフレッド・ライオンが驚嘆し、早速リーダー作を録音する事を決意するのでした。
 

 クラーク独特の後ノリの重いグルーブはやはり他のピアニストには無いことに改めて聴くと思います。この重心の低さが曲をより深く渋く、しっとりとしたのノリを生むのですね。
クール・ストラッティンに収められている曲のようにこの曲がという派手さはありませんが、メンバーみんながテンションを抑えながらとてもバランス良く演奏していてあまり力まずに聴ける作品です。

Sonny Clark – Dial S for Sonny
ソニー・クラーク – ダイアル・S・フォー・ソニー

 Blue Note 

  1. Dial S For Sonny
  2. Bootin’ It
  3. It Could Happen To You
  4. Sonny’s Mood
  5. Shoutin’ On A Riff
  6. Love Walked In

Sonny Clark (p)
Art Farmer (tp)
Curtis Fuller (tb)
Hank Mobley (ts)
Wilbur Ware (b)
Louis Hayes (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1957.7.21

Sonny Clark ‎– Dial S for Sonny

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次