HPリニューアル記念! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Freddie Redd – Music From The Connection 何故か解らないけど、泣けてくる。

 フレディ・レッドは1928年ニューヨーク生まれのピアニスト。50年代始め頃より活動を始め、タイニー・グライムス 、 クーティー・ウィリアムズ 、 オスカー・ペティフォード 、ジイブ・ ボンバーズ、アート・ブレイキー等と共演。そして59年にニューヨークのリビング・シアターの演劇「The Connection」の出演と音楽の作曲を担当した事で、一躍名前を知られるようになるのでした。
こちらの作品はそのアルバム。ワンホーンでアルトはジャッキー・マクリーンです。
 

Freddie Redd - The Connection
 

 じわ~っと染み渡ってくる悲しくも力強い曲、楽しいけれど何故か涙が出そうになる曲、演劇のテーマは麻薬を題材にしたもので、脆く壊れやすい心、思い通りに行かないこと、そして人生、というような普遍的でもあるテーマが曲にも表れているのではないでしょうか。素晴らしい曲達です。
 

 ピアノの印象はそれ程感じないのですが、クセがなく小刻みで控えめなタッチが曲に合うのですよね。どちらかというとプレイヤーとしてよりも作曲家としての才能があったのかも知れませんね。
そして全体的にリズム陣が控えめに徹しているので、ジャッキー・マクリーンのソロが活きてきます。メロディをしっかり追いつつもマクリーンのスウィング節も開放感いっぱいで爽快です。リーダー作ではないですが、代表作の1枚と言ってもいいのではないでしょうか。
 

それにしても3曲目の「Music Forever」のピアノは凄い好きです。スピード感が心を追い越して、何故か解らないけど、泣けてきます。

.

Freddie Redd Quartet With Jackie McLean – The Music From The Connection
フレディ・レッド・カルテット・ウィズ・ジャッキー・マクリーン – ザ・コネクション

 Blue Note 

  1. Who Killed Cock Robin
  2. Wigglin’
  3. Music Forever
  4. Time To Smile
  5. Theme For Sister Salvation
  6. Jim Dunn’s Dilemma
  7. O.D.

Freddie Redd (p)
Jackie McLean (as)
Michael Mattos (b)
Larry Ritchie (ds)

Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1960.2.15

Freddie Redd - The Connection

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次