ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Dexter Gordon – Go! 上品で止めどないスーパー無限グルーブ。

 本人も最高傑作と認める作品、1962年の渡欧直前にブルーノートにて吹き込んだ名作。
威風堂々としたブレない芯がありつつ、どこかフワッとした優しさも感じるデックス特有のブロウ。抜群のリズム感で間を染めるソニー・クラークのピアノ。2人とも後ノリで無駄に音数が多くないので、個々でもグルーブ全開なのに、相性抜群過ぎて程よくブレンドされて、上品で止めどないスーパー無限グルーブが生まれています。そうそう少し控えめですがクラークの親友ブッチ・ウォーレンのベースも絶好調、ビリー・ヒギンズのドラムもスタイリッシュでめちゃかっこいいです。
 

Dexter Gordon - Go!
 

 1962年というとポスト・バップへの流れの中。皆が新しいことを探して良くも悪くも多様化していく中でこのブレない迷いのない演奏は流石です。
けっして古臭さは感じず、リスナーを置いてけぼりにするような斬新さがある訳でもなく、でもいつ聴いてもちょっと先を感じるこのバランスは奇跡ですね。
キャッチーでありながら通をも唸らす、時代を超えた普遍的なジャズの魅力たっぷりではないでしょうか。

 録音も最高です。この盤が名盤たる所以は演奏はもちろんなのですが、音にもあると思うのですよね。ルディ・ヴァン・ゲルダーさんホント良い仕事しています。

Dexter Gordon – Go!
デクスター・ゴードン – ゴー


 Blue Note 

  1. Cheese Cake
  2. I Guess I’ll Hang My Tears Out To Dry
  3. Second Balcony Jump
  4. Love For Sale
  5. Where Are You
  6. Three O’Clock In The Morning

Dexter Gordon (ts)
Sonny Clark (p)
Butch Warren (b)
Billy Higgins (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1962.8.27

Dexter Gordon - Go!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次