ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Cannonball Adderley – Somethin’ Else 影のリーダーはマイルス・デイビス。恩返しの為に。

 1958年、キャノンボール・アダレイの名義で発表されたアルバムです。でも実は影の実質的なリーダーはマイルス・デイビスなのです。自らメンバーを集め、リハーサルから本番まで皆のスケジュールを調整して、録音に臨んだそうです。苦しかった時代の恩返しの為に。
 

Cannonball Adderley ‎– Somethin' Else
 

 というのも1950年台に入ってからマイルスは麻薬中毒の為レコーディングが出来ない状態に陥ってしまうことがあったそうなのですが、そんな時に救いの手を差し伸べたのはアルフレッド・ライオンでした。そして、彼のサポートにより1952年より年一回ブルーノートに録音を残すことになります。ですが1955年にマイルスは大手コロンビアと長期の専属契約をしてしまいます。なのでブルーノートからはマイルス名義でのアルバムをリリース出来なくなってしまいます。そこで考えたのがキャノンボール・アダレイの作品としてアルバムを制作する事でした。
 

 1曲目は”Autumn Leaves”「枯葉」です。ジャズのスタンダード中のスタンダードになっていますが、シャンソンの世界からジャズへ持ってきたのはこの録音でした。マイルスの微妙なズレや揺らぎがたまりませんね。ハンク・ジョーンズのピアノの素晴らしいです。ベースのサム・ジョーンズとアート・ブレイキーも凄く落ち着いていて良いです。マイルスが全体をコントロールしているのでしょうね。後半のキャノンボール・アダレイのソロも素晴らしいです。
 

 ちなみに、ジャケットの一番右下には「MILES DAVIS PERFORMS BY COURTESY OF COLUMBIA RECORD」と書かれております。マイルスの演奏はコロンビアの好意によるものという事。そしてこの録音のマスターテープにはアルフレッド・ライオンの字で「Miles Davis Session」とはっきりと書かれているようです。見たいですね。
 

Cannonball Adderley ‎– Somethin' Else2

Cannonball Adderley – Somethin’ Else
キャノンボール・アダレイ – サムシン・エルス

 Blue Note 

  1. Autumn Leaves
  2. Love For Sale
  3. Somethin’ Else
  4. One For The Daddy-O
  5. Dancing In The Dark

Miles Davis (tp)
Julian “Cannonball”Adderley (ts)
Hank Jones (p)
Sam Jones (b)
Art Blakey (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1958.3.9

Cannonball Adderley ‎– Somethin' Else

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次