ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Tommy Flanagan Trio – Eclypso 熟練のメンバーによる上質で痛快な職人技。

 雨が続きますね、台風も迫っているので今日は選挙の期日前投票に行きましたが、午前中の早い時間にも関わらず長蛇の列が出来ていてびっくりしましたよ。台風の影響で投票率が落ちないことを願いたいです。
さて、こちらはトミー・フラナガンの1977年リリース、演奏良し、音良し、熟練のメンバーによる上質で痛快なピアノ・トリオ作品です。
 

Tommy Flanagan Trio - Eclypso
 

 50年代より数々の名盤に録音を残していますが、意外とリーダー作が少ないトミフラですが、この作品は57年に録音した「オーヴァーシーズ」の熟練盤とも言えますでしょうか。安定の演奏を聴かせてくれます。ドラムはその57年の録音の際にも共演した、エルヴィン・ジョーンズ。ブラッシュワーク冴えまくりです。ベースは初共演のジョージ・ムラーツ。のびのびした演奏でソロもグイグイ良い響きしています。
 

 トミフラはエラ・フィッツジェラルドの伴奏として良く知られていますが、名盤参加としてはジョン・コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」、ソニー・ロリンズの「サキソフォン・コロッサス」など多数ありますね、逆に言うとメンバーにトミー・フラナガンの名前がある作品に外れは無しとも言えるかも知れませんね。大好きなピアニストです。

Tommy Flanagan Trio – Eclypso
トミー・フラナガン・トリオ – エクリプソ

 Enja Records 

  1. Oleo
  2. Denzil’s Best
  3. A Blue Time
  4. Relaxing at Camarillo
  5. Cup Bearers
  6. Eclypso
  7. Confirmation

Tommy Flanagan (p)
George Mraz (b)
Elvin Jones (ds)

Produced by Horst Weber, Matthias Winckelmann
Recorded by Robert Drake
Mixed by Carlos Albrecht

Recorded 1977.2.4

Tommy Flanagan Trio - Eclypso

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次