ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Sonny Stitt – Pen Of Quincy スポットライトを浴びて立つスティット。 を想像してしまいます。

 たまには甘いアルトでバラードを聴きたくなるのです。こちらはまだ若きクインシー・ジョーンズの極上アレンジによる、名人ソニー・スティットのアルトをフィーチャリングした1955年の作品。バックは豪華メンバーによるオーケストラです。広いステージの真ん中にスポットライトを浴びて立つスティットを思い浮かべてしまいます。
 

Sonny Stitt Plays Arrangements From The Pen Of Quincy
 

 録音も非常に良いですね。艶のある朗々としたサックスの音、バックのリズム陣の邪魔しないバランスとハーモニー。背景に色があり抜群のアレンジ構成なので、普通のワン・ホーン作品よりもよりワン・ホーンな印象を受けます。
 

 スティットはたくさんの作品を残しておりますが、一番スティットのアルトの魅力を堪能できる作品は?と聞かれればコレと答えるかもしれません。スリルはありませんが、痛快なほど真っ直ぐで伸びやかなソロが聴けます。

Sonny Stitt Plays Arrangements From The Pen Of Quincy
ソニー・スティット – ペン・オブ・クインシー


 Roost 

  1. My Funny Valentine
  2. Sonny’s Bunny
  3. Come Rain or Come Shine
  4. Love Walked In
  5. If You Could See Me Now
  6. Quince
  7. Stardust
  8. Lover

Sonny Stitt (as)
Thad Jones (tp) 1,2,6,7
Joe Newman (tp) 1,2,6,7
Jimmy Nottingham (tp) 3,4,5,8
Ernie Royal (tp) 3,4,5,8
Jimmy Cleveland (tb) 1,2,6,7
J.J. Johnson (tb) 3,4,5,8
Anthony Ortega (fl,as)
Seldon Powell (ts)
Cecil Payne (bs)
Hank Jones (p)
Freddie Green (g)
Oscar Pettiford (b)
Jo Jones (ds)

Arranged by Quincy Jones

Recorded 1955.9.30 (#3,4,5,8) & 10.17 (#1,2,6,7)

Sonny Stitt Plays Arrangements From The Pen Of Quincy

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次