ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Ornette Coleman – At The Golden Circle Vol.1 何もない空間から降ってくる。

 「ゴールデン・サークル」という英語名を持つストックホルムにあるジャズ・クラブ「Gyllende Cirklen」にて1965年に録音された、オーネット・コールマン・トリオによる最高傑作とされるライブ・アルバム。ピアノレスのアルトのワンホーンというミニマムな変則編成です。
 

Ornette Coleman - At The Golden Circle Vol.1
 

 何もない空間から降ってくるオーネットの歌うフレージング。デヴィッド・アイゼンゾンのベースとチャールズ・モフェットのドラムは、楽しげに淡々とグルーブを刻み、時に弾ける。
フリー・ジャズというと難解なイメージがあって、どうしても構えて聴いてしまいそうになりますが、全部が全部そういう訳ではないのですよね。音楽をジャンルで括るとイメージが偏ってしまうことがありますよね。これはようするにジャンルで言うと”オーネット・コールマン”。個人的にはこの作品は何かをしながらBGMとして流すことも多いです。ヘビーローテションの大好きな1枚。
 

 オーネットは50年代後半から60年代はじめにかけて、実験的な作品を次々と発表しました。新しい音楽として高く評価される一方、こんなのは音楽ではないと批判もされますが、フリー・ジャズという新しい流れを生んでいき一躍脚光を浴びていきます。しかしそんな中、アトランティック・レーベルとの契約満了、ドン・チェリーとのグループの解散などのきっかけが重なり、1962年12月に自主開催したタウンホール・コンサートを最後に一旦公の場から遠ざかります。そして約3年の活動休止期間を経て同じメンバーで待望の再開。ヨーロッパツアーでの”今”のオーネットの演奏を捉えたのがこちらの作品でした。
この復活は当時「タイム」や「ニューズウィーク」誌にも取り上げられる程センセーションを呼び、かつての批判的だった識者からも評判を得て世界のジャズ賞を総なめにするのでした。3年の空白の期間の内に時代が追いついたということかもしれません。
このジャズ・クラブの名前が世界的に知られるようになったのも、この作品がきっかけだそうです。

The Ornette Coleman Trio – At The “Golden Circle” Stockholm Volume One
ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン Vol.1

 Blue Note 

  1. Faces And Places
  2. European Echoes
  3. Dee Dee
  4. Dawn

Ornette Coleman (as)
David Izenzon (b)
Charles Moffett (ds)

Produced by Francis Wolff
Recorded by Rune Andreasson

Recorded 1965.12.3&4 at “Gyllende Cirklen”, Stockholm, Sweden

Ornette Coleman - At The Golden Circle Vol.1

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次