ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Lou Donaldson – Lou Takes Off スター集結の怒涛の3管ブローイング・セッション。ルー離陸!

 1957年録音、バップ・スター集結の怒涛の3管ブローイング・セッション盤。ソビエトが打ち上げた人類初の人工衛星スプートニク1号にインスパイアされて作った曲”Sputnik”から始まります。ジャケットもロケットそのまんま。で、タイトルが『ルー・テイクス・オフ』って。w
 

Lou Donaldson ‎– Lou Takes Off
 

 フロントにはアルトサックのルー・ドナルドソンに加え、トランペットはドナルド・バード、トロンボーンはカーティス・フラーの3人。それぞれのソロも絶好調で持ち味が活きてますね。ソニー・クラークのピアノも力が抜けていていい感じ。後半のジョージ・ジョイナーの重いスイングのベースソロも憎い、アート・テイラーの金物の刻み、フィルも痛快。何よりライブ盤のような勢いそのままに録音しましたというジャム・セッション、突き抜けるような4曲、爽快感いっぱいです。
 

 ルー・ドナルドソンは1926年生まれ。チャーリー・パーカー直系のアルトとしてデビュー。その後はファンキー、ソウル・ジャズへ路線変更し数々のリーダー作を残します。そして未だ現役。少し体調は芳しくないようですが、きっと生涯現役を貫くのでしょう。羨ましい年のとり方ですね。
 
ルーさんのオフィシャル・ホームページを見てみましたが、とてもいい顔してます。
Lou Donaldson
 


Lou Donaldson – Lou Takes Off
ルー・ドナルドソン – ルー・テイクス・オフ

 Blue Note 

  1. Sputnik
  2. Dewey Square
  3. Strollin’ In
  4. Groovin’ High

Lou Donaldson (as)
Donald Byrd (tp)
Curtis Fuller (tb)
Sonny Clark (p)
George Joyner (b)
Art Taylor (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1957.12.15

Lou Donaldson ‎– Lou Takes Off

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次