HPリニューアル記念! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Kenny Drew – Everything I Love 素朴な響きの中にも流石のセンス。

 ケニー・ドリューは1961年にパリに渡り、1964年からはデンマークのコペンハーゲンに拠点を移します。ジャズを芸術として捉えるヨーロッパの方がアメリカより気質があっていたのかもしれません。
こちらの作品は名門スティープルチェイスより1973年にリリースした渡欧後初期のピアノ・ソロ作品。リリカルでとても美しい演奏です。
 

Kenny Drew - Everything I Love
 

 元々ケニーのピアノはバド・パウエルの流れをくむバップ・スタイルの演奏でしたが、ヨーロッパに渡ってからは心境の変化もあったのでしょう。跳ねるような勢いのあるタッチから、優しくエレガントなタッチになりました。国の風土は音にも影響するものなのですね。

でもどこかアーシーなジャズの雰囲気はしっかり健在なので、個性が変ったという感じではなく、より美しく繊細なフレーバーが加わったイメージ。独特な魅力がありますね。

この当時ソロ・ピアノのブームがあったようで、キース・ジャレットやチック・コリアなどもソロ作品をリリースしております。ケニーのピアノは彼らのような強い印象や派手さはありませんが、この素敵なジャケットと同じように、素朴な響きの中にも流石のセンスが光っています。

Kenny Drew – Everything I Love
ケニー・ドリュー – エヴリシング・アイ・ラヴ

 SteepleChase  

  1. Sunset
  2. Portrait Of Mariann
  3. Blues For Nils
  4. Yesterdays
  5. Everything I Love
  6. Winter Flower
  7. Fall
  8. I Can’t Get Started
  9. Don’t Explain

Kenny Drew (p)

Produced, Engineered by Nils Winther

Recorded 1973.10 & 11

Kenny Drew - Everything I Love

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次