ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Jimmy Smith – Midnight Special オルガンとテナーとギターのブレンドの妙。

 ジミー・スミスがブルーノートに吹き込んだ作品は、初録音の56年から62年のヴァーブに移籍までの僅か6年の間に、後に未発表作品としてリリースされた物も含め、なんと30枚もあります。如何に当時リスナーに支持されていたかがわかりますね。こちらの作品はリーダー18作目?にあたるスミスの代表作の1枚。ジャケデザインも素敵です。
 

Jimmy Smith - Midnight Special
 
 
 スミスの真骨頂はオルガン・トリオにあるかも知れませんが、こちらはテナーにスタンリー・タレンタインが加わり、全体的に超ブルージーな雰囲気になっています。更にケニー・バレルが加わりクリアでしっとりなギターサウンドもブレンドされています。そしてその雰囲気をきちんと吸収して、空気を染めるフレージングを繋ぐスミスの演奏がまた素晴らしいです。
 

 ベースはオルガンの足。鍵盤とベースが両方ともスミスなもんだから、リズムが乱れずノリが終始引っかかる事がないです。まさにダンス・ミュージック。オルガンを使ってまるでスミス自身が踊っているかのよう。踊らずにはいられないグルーブが生まれています。
タイトル通り真夜中を感じさせるソウルフルでスペシャルな作品です。

Jimmy Smith – Midnight Special
ジミー・スミス – ミッドナイト・スペシャル


 Blue Note 

  1. Midnight Special
  2. A Subtle One
  3. Jumpin’ The Blues
  4. Why Was I Born
  5. One O’Clock Jump

Jimmy Smith (org)
Stanley Turrentine (ts)
Kenny Burrell (gt)
Donald Bailey (ds)

Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1960.4.25

Jimmy Smith - Midnight Special

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次