ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Jackie McLean – Swing Swang Swingin’ 彼らはやって来て、スイングし、帰っていった。

 ジャッキー・マクリーンの1959年録音、ワンホーン・カルテット作品としては初のリーダー作です。タイトルにある通りテーマはスイングという大きな命題。
 

Jackie McLean ‎– Swing, Swang, Swingin'
 

 ジャズ・メッセンジャーズ退団後、プレスティッジを離れて、ブルーノートよりリリースする事になりますが、その2作目。スタンダードが中心のレパートリーになっていますが、何れの曲も本当に素晴らしい演奏。マクリーン自身が曲を愛しているのが解ります。
時期としては実力の認められている中堅どころ、この作品はワンホーン・カルテットというまさに主役でもありますので、周囲からの期待もきっと大きかったことでしょう。そんな期待に十分応えつつ気負いは感じさせない安定のブローイング。いい感じです。
 

 メンバーにはパド・パウエルの一番弟子のウォルター・ビショップ、マクリーンのソロが活きているのは彼のおかげでしょう。ドラムのアート・テイラーはこの頃絶好調。引っ張りだこの時期ですね。ベースのジミー・ギャリソンは後のコルトレーン・カルテットに在籍し超絶テクニック見せますが、既にこの時には抜群のリズムを見せています。
 

 アルフレッド・ライオン曰く、「彼らはやって来て、スイングし、帰っていった。だからこのアルバムを ”スイング・スワング・スインギン” と名付けたのだ。」だそうです。いいですね。ジャズですね~。

Jackie McLean – Swing Swang Swingin’
ジャッキー・マクリーン – スイング・スワング・スインギン

 Blue Note 

  1. What’s New
  2. Let’s Face The Music And Dance
  3. Stable Mates
  4. I Remember You
  5. I Love You
  6. I’ll Take Romance
  7. 116th And Lenox

Jackie McLean (as)
Walter Bishop, Jr. (p)
Jimmy Garrison (b)
Art Taylor (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1959.10.20

Jackie McLean ‎– Swing, Swang, Swingin'

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次