ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Donald Byrd – Fuego プロフェッサーの知的なファンキー・ジャズ。

 1959年録音。ドナルド・バードの代表作にして、誰もが認めるファンキー・ジャズのブルーノート4000番台屈指の名盤。すべてバードのオリジナル曲というところも聴きどころ。
『Fuego』とはスペイン語で『炎』を意味するそうです。
 

Donald Byrd ‎– Fuego
 

 レコードのピークレベルを超えて少しノイズが乗ったりもしますが、大事なのは迫力と躍動感と勢いです。迸る汗が見えてくるようです。これこそエンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダーの真骨頂なのではないでしょうか。
レックス・ハンフェリーのスネアやタムはバッシバシ、シンバルはグワングワン揺れているのが目に浮かぶ。ダグ・ワトキンスのベースは内蔵をえぐるようなラインで疾走する。デューク・ピアソンの痛快で美しいタッチのピアノ。そしてジャック・マクリーンとドナルド・バードの素晴らしいユニゾンとファンキーだけじゃない極上のもの悲しさも漂う甘いソロ。

当時日本のジャズ喫茶で頻繁にリクエストされて大人気だったそうですが、そりゃそうですよという感じですね。ロックにも通じる前のめり感とキャッチーなメロディ。愛されるわけですね。
そしてこの後、延長線でもあり進化系の、ブルーノート史上最も売れた作品『ブラック・バード』をリリースする事になるのです。
 

 ドナルド・バードは “プロフェッサー・バード”の別名でも知られています。コロンビア大学で黒人音楽や公民権運動について学び、71年には博士号も取得、73年にはハワード大学で音楽主任教授に就任しております。ファンキー?でありながらも自己中心的な自分本位ではない姿勢が音楽にも現れています。

Donald Byrd – Fuego
ドナルド・バード – フエゴ

 Blue Note 

  1. Fuego
  2. Bup A Loop
  3. Funky Mama
  4. Low Life
  5. Lament
  6. Amen

Donald Byrd (tp)
Jackie McLean (as)
Duke Pearson (p)
Doug Watkins (b)
Lex Humphries (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1959.10.4

Donald Byrd ‎– Fuego

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次