ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Count Basie & Kansas City 7 単音でもスイングするピアノ。

 カウント・ベイシーといえばビックバンド演奏といえますが、たまに7人編成のコンボでの演奏も行っておりまして、こちらはカンサス・シティ・セヴン名義での、1932年、1944年に次ぐ1962年録音の3作目です。
 

Count Basie & Kansas City 7
 

 ベイシーは1904年ニュージャージー州生まれ、母親にピアノを教わり、1924年よりプロ活動を開始、その活動の中カンザス・シティで、数多くのジャズミュージシャンに出会い、1936年に自身のビックバンド『カウント・ベイシー・オーケストラ』を結成することになります。
活動期は第二次世界大戦の影響もあってかバンドの解散と再結成とで、オールドベイシー、ニューベイシーと呼ばれるように、初期のビックバンドの黄金時代と1950年代以降の時代とでそれぞれに名盤と呼ばれる作品を残しております。
 

 この作品はそんな想像も出来ないような激動の時代を通過し、決して気張らずに素朴でありながらも、とても強く前向きに生きていく、みたいなそんななんとも言えない空気を感じます。
この頃はポスト・バップの緊張感溢れるジャズの時代のイメージがありますが、それとはまた別次元での、自分本位ではないジャズがしっかり存在しておりました。
 
 無駄を一切排除した単音でもスイングするピアノ。間がとても絶妙でたまりません。そしてメンバーがそれぞれを尊重しつつリラックスした中で、楽器の重ね合いを音楽へ昇華させて行く。オーケストラとはまた別の、コンボでの演奏もまた違う魅力があります。素晴らしい作品です。

Count Basie & Kansas City 7
カウント・ベイシー・アンド・カンサス・シティ・セブン

 Impulse! 

  1. Oh, Lady Be Good
  2. Secrets
  3. I Want A Little Girl
  4. Shoe Shine Boy
  5. Count’s Place
  6. Senator Whitehead
  7. Tally-Ho, Mr. Basie!
  8. What’cha Talkin’?

Count Basie(p,org)
Thad Jones(tp)
Frank Wess(fl)
Frank Foster(ts)
Eric Dixon(ts,fl)
Freddie Green(g)
Ed Jones(b)
Sonny Payne(ds)

Produced by Bob Thiele
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1962.3.21 (2,6-8) / 3.22 (all others)

Count Basie & Kansas City 7

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次