ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Clifford Brown – Study In Brown チェロキーからA列車まで超エンターテイメント。

 1曲目「チェロキー」から飛ばしますね~。早すぎ巧すぎ楽しすぎです。加えてたっぷりメロディも聴かせます。メンバー同士どんな話をしてからこの演奏に臨んだのでしょう。2曲目以降も緩急つけながら緊張感と暖かさのある演奏。最後の「A列車」まで超エンターテイメントです。
 

Clifford Brown And Max Roach - Study In Brown
 

 クリフォード・ブラウンとマックス・ローチの2人は1954年にタッグを組みますが、ブラウニーとピアノのリッチー・パウエル夫妻は56年に交通事故により他界してしまいますので、2年少しの短い活動期間ではありましたが、数々の名演を残しました。こちらは1955年録音のグループ絶頂期の作品です。
 

 きっとブラウニーだけのリーダー作ではこうはならなかったでしょう、やはり年長のマックス・ローチが所々盛り上げる場と間をつくり全体をコントロールしているからでしょうね。2人が凄すぎるので影に隠れてしまっていますがリッチーもジョージ・モロウもハロルド・ランドも最高です。アルバムとして究極の完成度です。

Clifford Brown And Max Roach – Study In Brown 
クリフォード・ブラウン・アンド・マックス・ローチ – スタディ・イン・ブラウン

 EmArcy 

  1. Cherokee
  2. Jacqui
  3. Swingin’
  4. Lands End
  5. George’s Dilemma
  6. Sandu
  7. Gerkin For Perkin
  8. If I Love Again
  9. Take The A Train

Clifford Brown (tp)
Max Roach (ds)
Harold Land (ts)
George Morrow (b)
Richie Powell (p)

Recorded 1955.2.23 (3,4,7,9,) / 24 (5,8) / 25 (1,2,6)

Clifford Brown And Max Roach - Study In Brown

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次