ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Bodil Niska – First Song ニスカの初リーダー作。切なくとても力強く。

 1曲目はどこかで聴いたことのあるメロディ。アイルランド民謡の『Danny Boy』。初リーダー作のオープニングにこの曲とは。僅か数秒でその世界に引き込まれます。
 

Bodil Niska ‎– First Song
 
ボディル・ニスカさんは女性だけれども、正直男性より力強い。そして徐々に重ねられていくピアノとベースとドラムにワントーンのブレス。たまりません。
きれいに纏まっているだけではない、オールド・ジャズをこよなく愛す彼女の、気持ちがにじみ出ている作品です。
 

 リリースは2001年。レコーディングはノルウェイのレインボウ・スタジオにて。エンジニアは凄腕ヤン・エリック・コングハウス。いい仕事してます。ニスカのサックスが当然フィーチャーされてはいるのですが、全然大袈裟ではなく、でも一番前に出ている。多分これ以外のバランスはないですね。

Bodil Niska – First Song
ボディル・ニスカ – ファースト・ソング

 Hot Club Recordse 

  1. Danny Boy
  2. Rosetta
  3. Merlin
  4. Only Trust Your Heart
  5. First Song
  6. Up Jumped Spring
  7. I Skovens Dype, Stille Ro
  8. Funk In The Deep Freeze
  9. Lotus Blossom
  10. To You Dear One
  11. Vuggevise For Benedicte
  12. Mood

Bodil Niska (ts)
Egil Kapstad (p)
Bjorn Alterhaug (b)
Pelle Hulten (ds)
Aksel Niska (acc)

Produced by Hilde Hefte
Recorded by Jan Erik Kongshaug

Recorded 2000

Bodil Niska ‎– First Song

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次