ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Bobby Hutcherson – Happenings 新主流派の雄、ボビハチの代表作の1枚。

 ブルーノートらしい大胆でオシャレなジャケットですね。1966年録音、ジャズ・ヴァイブ奏者ボビー・ハッチャーソンのリーダー3作目。ヴァイブ特有の響きがとても美しく、録音も素晴らしいです。
 

Bobby Hutcherson - Happenings
 

 ヴァイブ奏者といえばスイング時代のライオネル・ハンプトン、モダン化を確立したミルト・ジャクソンでしょう。そしてその後継は誰かと言えば新主流派のハッチャーソンと言えるかと思います。50年代のハード・バップ全盛以降、モードやフリーへの変革の時期、60年代に入ると新主流派と呼ばれる流れがありました。その中にあって正統派かつ硬派な形でジャズ・ヴァイブを確立したのはハッチャーソンでした。
 

 この作品のメンバーはそんな新主流派のスターを集めて録音されました。ピアノにハービー・ハンコック、後に腰を悪くしてエレキベースに持ち替えるウッドベースの時のボブ・クランショウ、そしてクールで前衛的なドラミングのジョー・チェンバース。これ以上無い布陣ではないでしょうか。ホーンが入っていないので、ヴァイブの響きとピアノの響きがとても際立っています。
 

 3曲目だけハッチャーソンのオリジナルではなく、ハンコック作の”処女航海”(Maiden Voyage)ですが、オリジナルではホーンが入っていますが、こちらは入っていないのでよりシンプルでクールですね。ちなみにハッチャーソンはこの録音以前に”処女航海”を聴いていなかったらしいです。なんだかなるほどと思ってしまう、オリジナルを凌駕する名演です。

Bobby Hutcherson – Happenings
ボビー・ハッチャーソン – ハプニングス

 Blue Note 

  1. Aquarian Moon
  2. Bouquet
  3. Rojo
  4. Maiden Voyage
  5. Heat Start
  6. When You Are Near
  7. The Omen

Bobby Hutcherson (vib&marim)
Herbie Hancock (p)
Bob Cranshaw (b)
Joe Chembers (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1966.2.6

Bobby Hutcherson - Happenings

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次