ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Bill Evans – At The Montreux Jazz Festival リリカルだけじゃないハードな一面。

 1968年6月15日に行われたスイスのモントルー・ジャズ・フェスティヴァルでのライブ録音。会場の近くのレマン湖のほとりに建つ古城の写真がジャケットで使われており、この盤の通称は「お城のエヴァンス」。このフェスの名前を一躍世界中に広めた作品としても知られております。
 

Bill Evans - At The Montreux Jazz Festival
 

 ビル・エヴァンスは50年代中頃よりピアニストとして注目されるようになり、58年にマイルス・デイビスのグループに加わり評判を得ます。その後自身のトリオを結成しベーシストの盟友スコット・ラファロと出会い、のちのピアノ・トリオの在り方に大きな影響を与えるインタープレイというスタイルを創り出します。
ところが61年に交通事故によりラファロは残念ながら他界。その後エヴァンスはたくさんのベーシストと組みますがなかなかラファロに匹敵する名手には出会えませんでした。
そんな中66年よりトリオに参加したのが若手のエディ・ゴメスでした。かつてのインタープレイを彷彿させるグイグイくる演奏。そしてこの時まだ無名であったドラムのジャック・ディジョネットがこのライブに参加。こちらもビシバシグイグイ。エヴァンスのピアノも若い2人に触発されていつになく活き活きしております。リリカルだけじゃないハードな一面が引き出されておりますね。まさしくエヴァンスのベスト・パフォーマンスを収めた1枚。
 

 録音はやや固めでシャープな印象がありますが、前のめりな良い緊張感も封じ込められております。息を飲むお客さんの雰囲気も。素晴らしい録音。いくら技術が進歩しても完璧なバランスやイコライジングも、音の魅力とは決して比例するものではないのですよね。むしろその出ているところや引っ込んでいるところなどに個々の盤の魅力があったりしますね。
でも何回聴いても冒頭のアナウンスが個人的にはどうしても余計に感じてしまうけど。。w

Bill Evans – At The Montreux Jazz Festival
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス

 Verve 

  1. One For Helen
  2. A Sleeping Bee
  3. Mother Of Earl
  4. Nardis
  5. I Loves You Porgy
  6. The Touch Of Your Lips
  7. Embraceable You
  8. Someday My Prince Will Come
  9. Walkin’ Up

Bill Evans (p)
Eddie Gomez (b)
Jack DeJohnette (ds)

Produced by Helen Keane
Edited By, Remix – Bob Schwarz
Engineer – Jean-Claude Martin, Pierre Grandjean
Engineer [Engineering Director] – Val Valentin

Recorded 1968.6.15 at the Casino de Montreux, Switzerland by the technical department of Radio Suisse Romande.

Bill Evans - At The Montreux Jazz Festival

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次