ご好評につき引き続き! 赤字ギリギリまで買取価格UP!

Bennie Green ‎– Soul Stirrin’ ブラックネス全開。1500番台最後を飾るに相応しいソウルフルでアーシーなトロンボーン。

 ブルーノート1500番台ラスト。58年リリース。最後に持ってきたのはトロンボーン奏者、ベニー・グリーンのリーダー作です。ゆったりとしたトロンボーンの音に重厚なソウルの雰囲気。最後を飾るに相応しい素晴らしい作品です。アルフレッド・ライオンがこの作品を選んだのも頷けます。
 

Bennie Green ‎– Soul Stirrin'
 

 1曲目の表題曲「ソウル・スターリン」からバブス・ゴンザレスのスキャットで始まるのですが、これがブラックネスの空気全開。この作品を印象を僅か数秒で決定付けてますね。1500番台最後を飾るブルーノートのテーマ曲とも言えますでしょうか。めちゃカッコイイです。
 

 その他の曲もバラエティのある内容なのですが、一貫してソウルフルでブルージー。3曲目以外は全てベニーのオリジナル。3曲目はしっとりとしたピアノから始まるスタンダード。ピッチの微妙な揺れに癒やされます。全部良いです。
ソニー・クラークの粘りのあるピアノと、アイク・アイザックスのシンプルで重いベースと、うねりのあるエルヴィン・ジョーンズのドラム、そしてジーン・アモンズとビリー・ルートの惚れそうになる渋いブロウ。

重く、渋く、切ない。しっとりと浸りたい夜のとっておき。

Bennie Green ‎– Soul Stirrin’
ベニー・グリーン – ソウル・スターリン

 Blue Note 

  1. Soul Stirrin’
  2. We Wanna Cook
  3. That’s All
  4. Lullaby Of The Doomed
  5. B.G. Mambo
  6. Black Pearl

Bennie Green (tb)
Billy Root, Jug(Gene Ammons) (ts)
Sonny Clark (p)
Ike Isaacs (b)
Elvin Jones (ds)

Produced by Alfred Lion
Recorded by Rudy Van Gelder

Recorded 1958.4.28

Bennie Green ‎– Soul Stirrin'

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海と山と畑に囲まれて、糸島の片隅で音楽を聴いています。中古オーディオとレコードの買取、整備、販売を仕事としています。オーディオマニアではありません。ただの音楽好きです。

目次